忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
マイクロ・シャシ Type-1

以前の小BLOGで、マイクロ・シャシ、スパー&ウォームの2段減速の6.5mmゲージ超小型シャシを3Dで作っていることは御紹介申し上げました。実はあれは、完成まで行きつきませんでした。0.2mmのリン青銅線を使ったのですが、どうも固すぎたようで、集電が小さくて軽いシャシでは殆どせず、弄繰り回している内に、きっちり樹脂破壊しました。悪いところを見直し、第3回目の成形に。いい加減お金がかかっています。でもこの手は、矢張り、失敗との戦いであるような気がします。

スパーもシャシの接触面積が小さくなるようにし、ギヤは非常に小さいので、可能な限り厚みを持たせました。ゲージもきっちり6.5mmの線路に乗るようにしました。この前のは、ほんの少し浮いていたのです。いざ再々組み立て。今回は、車輪を付けた状態で、少し線路を傾ければ、転がるようになりました。一寸、光が見えてきました。ウォームをアクリレートで固定して、電極に1.5Vをかけてみると、この前のよりスムーズに回ります。大体ここまではくるのです。この手のシャシは、集電ブラシの当たりが、クリティカルになります。錘なしで走らせてやろうと思っているので、当たり調整に1日かかり、漸く動きました。接触抵抗が大きいので、6V程度に上げて、何度か正逆を繰り返して、漸く走りました。集電ブラシ取り付けボスの位置も少し前の成形と変えましたが、今回はルーズ過ぎたようです。この前はきつ過ぎで、量産での位置を大体確認しました。手持ちの0.15mmBe銅線を使いましたが、結構半田の点付けが、この合金はうまく乗ってくれず、苦労しました。動画御参照下さい。(動画) https://www.facebook.com/niwa.yuji 

動画のは、錘を付ければ飛ぶように走る電圧です。まあ、Nn3の上回りがE板等であれば、そこそこの重量はかかりますので、もっと機嫌よく走ってくれると思います。何れも特殊ウォーム、ギヤ(モジュール比は規格外です)を何とか工夫して成形しました。摩耗は余程酷使しなと起こらないと思います。 

もうこれで、高い試作費はから解放され、ほっとした感じですが、まだまだ車高が高く、何とか、KatoPortram台車程度のものは、超小型HO-6.5Nn3を考えても、絶対欲しいところです。Katoは、電極、配線の厚さ分も含めて、車高約6mmです。これには、超小型ギヤ、意味不明ウォーム?が使われているので、恐らく無理だと思います。私の書いた3Dでは、大体6.8mmとなりました。恐らくウォーム・ギヤは、M0.1以下だと思います。第1回目の試作は勿論失敗です。モータの取り付けまで行かず、車輪の取り付けで、寸法を間違えていました。金もないので、来月第2試作にマイクロ。シャシType-2として、チャレンジです。


拍手[3回]

PR
【2017/07/23 06:37 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
東大演習林 入川森林の1号機関車-バッタロコ

もう暑くて何もする気も起りません。ましてこの健康状態では、座っているのも苦痛です。1週間前から、首が痛くなり、昨日から、前に曲がらなくなりました。下が見れません。模型も少しは体が動く限り、気力を振り絞って出来ますが、動かないことには・・・ましになることを祈っています。それにこの暑さ。今年は非常にこたえます。

Dでのマイクロシャシも滞ったままですが、Type1は3度目試作に入ります。2度目で後少しでしたが、集電ブラシで材料選定ミスです。Type2も作り始めていますが、これは、KatoPortram台車を意識したもので、流石にあそこまで、薄くできませんでしたが、4.7φ車輪も含めて車高6.8mmまで抑え込めました。強度を無視すれば、後0.5mmは低くできます。HOの2フィートのフルディテール機関車が出来るか、Nn3のこれまた、フルディテールの機関車も可能です。正にPortramに続いて、夢のシャシとなりえるのですが、まだまだ、困難な点が多く、出来るかは半々です。

3Dshopに出していますが、三作目の東大1号機が出来、第1回頒布が完了しました。極小の「三国」のデカルが付きます。大体、運転手はどんな格好でしていたか不明(立っていたのでしょうか)の完全なバッタロコ。精密さで3D積層成形の精緻を極めました。今までの3D積層制作の方方法では困難な、網目板の再現にも成功しました。正に2.5mmの極小世界です。ロビンエンジンも手抜きなく正確に表現しました。シャシは御約束の、上記Portramの動力台車です。是非にこれからの3Dも含めまして、オーダー頂ければ、ワンオフで制作したします。これを作れという御指示にも対応しております。尤も体次第で、余り先まで出来ないかもしれませんね。

後は蒸気のためのロスト化ですが、(ホワイトメタルでは精密な鋳造は強度、見栄えの点から無理です)余りに解決する点が多く、ゆっくり取り組めればと思います。


拍手[2回]

【2017/07/13 22:58 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
苦労します。

人と違うことを志すと、矢張り何かにつけ、失敗を繰り返します。おまけに老化、病気も相まって、本当に思い通りに進みませんね。

6月に国民保険と税金の請求が多くてぐうの根も出ません。どんどん医療費ストックが目減りしていき、本当に不安です。よく考えれば、税金、2重取りではないでしょうか。年金支給時にかけられ、6月の税金支払いも求められています。五月蠅い不法滞在者からは1銭も取れず、大人しい日本人に思い切りかけてくるのは、如何にも官僚らしい弱さです。国籍のないもの、税金を支払わないものに、給付の必要は全くありません。腹のたつのが中国人。保険も払わず、日本にやってきて、高度医療を受けて踏み倒していくそうですね。これだけ請求されると、本当にその内、家計が破たんします。何で中国共産党の肩代わりをしないといけないのでしょう。ビザ、指紋・押捺は是非、復活して欲しいです。結局あの国はいつも、global riskです。絶対と思って、見ていたルマンも散々。もう鬱になってきます。

さて、模型の話ですが、矢張り工房の目指す精密レベルでの金属への置き換えは、困難なようです。チタンで成型して貰いましたが、モデルを相当に簡単にしても、最高解像度?のチタンで、相当鈍ります。おまけに粗目ブラスト処理するものですから、良くありません。サーフェーサ、プライマ厚吹きで、見れるようになるのかも知れませんが、矢張り、レジンに戻そうかと思っています。バラバラのロスト部品を作っても半田の熱が回って、作業もしにくいでしょうし。極小シャシも結局破損してしまいました。リン青銅2mmではとても固すぎて、色々無理をさせたら、破損してしまいました。結構モーターも巻き線が多く、高回転なので、余りに薄い、米粒よりもはるかに小さいM0.1の7枚ギヤでは、耐えきれなかったようです。

唯一、東大演習林1号機のバッタロコだけは、超小型ながら、成形成功しました。網目板も表現に成功し、そこそこの出来で気に入っています。ゆるゆると塗装に入ります。自信作ですので、又、お求め頂くと嬉しいです。

拍手[5回]

【2017/06/22 00:47 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
新しいシャシの開発-1

いよいよ梅雨シーズンです。早いものです。この時期決まって体調を悪くします。この数年、半救急で、病院に行くこと数回です。今年もこの数日、背中の心臓のあるところあたりが張った気がして、気分が悪く、数日寝たきりで、やっと午後から、座る体力も出てきたので、BLOGを書いています。

精密で小さな模型として、成形してみたニチユ2トンバテロコのロスト化は、どうも無理そうです。異常にゴム型に食いついてしまい、キャストとしては、不可能と言われてしまいました。無理と言われると、余計に作りたくなってしまう性分ですが、兎に角、資本が0の状況で、試作代も早ワなければならないので、暫く沈黙です。でも金属化したいと思っています。今の成形物より鈍るのは、売れ入れなければならないとして、どこまで、劣化を抑えられるかですね。簡単な形であれば既に、マーケットに出ていますが、逆に簡単な形は、無理にロスト化する必要はないと思っています。売れるようであれば、アンチにすればいいし、数が見込めなければ、小さな部品であれば、そのままのレジンでもいいかなと思っています。何としても機関車そのものを、金属に、ダメなら最少の部分を、E板に。少しでも動けて、motivationのある内は挑戦したいと考えています。進めば又報告を。 

併せて、開発しているのは、スペシャル、マイクロシャシです。元々の動機は、Unitram6.5mm版が欲しいと思って、E板でも挑戦しましたが、余りに細かくて、さすがに引っかかりが出て、E板では諦めました。そこで3Dで何とか出来ないかと挑戦しました。3種程成形してみましたが、最近よくあるスパーで下部に落として、ドライブシャフトを駆動し、タブルウォームで走らせるものです。モーターは今、入手可能な4φ×8mmのペジャーを使いました、というか、これより外にありません。

ウォームもギヤも自前設計です。3Dは単純なものですぐモデルは作れたのですが、大きさの実感がまるでありません。成形されてきたのが、写真のようなもので、余り小さいこと、健康がすぐれないことで、1か月以上放ったらかしにしていました。アクリル樹脂ですので、プラよりは、摩耗による不具合は少なそうです。恐らく、経年劣化と応力による割れを気にしなければならないと思います。成形は、極小ながら綺麗にできています。恐らくModule0.1の歯車も可能と思います。問題は、後の組み立てで、小ささに難儀しましたが、今日、やっと両輪が1.5Vでしっかり動きました。動画も分かりにくいのですが、

https://www.facebook.com/niwa.yuji

Uploadしました。マクロも利くのですが、小さすぎて、ここが精一杯です。Youtube用にもしたいのですが、今は体力不足です。それよりも肝心の集電ブラシがまったくできておらず、道半ばです。他のタイプのマイクロシャシも開発していますので、又、進展がありましたら報告します。


拍手[6回]

【2017/06/10 23:17 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
やっておきたいこと

この連休中に脳梗塞が母親を襲いました。もう90前ですので、歳と言えば、それまでなのですが、私が心筋梗塞を起こして以来、大阪の実家にも行けず、家内に偶に様子を見に行って貰うくらいで、これはどっちらかが死ぬまでに1回は会っておかなければと思っていたのですが、タクシーでの移動となると、一寸考えてしまいました。偶に電話で話していたのですが、呆けもそれ程感じられず、元気な声を聴かせてくれました。私の健康も優れず、そのままずるずる5年が過ぎてしまいました。虫の知らせだったのか、もうこんなことしていては、ダメ、少々出費しても、タクシーで行くと大阪行きを決めたのが、連休前でした。知らせが入ったのは、5月に入ってから。 

直ぐにタクシーに乗って、大阪の実家に向かいました。運転手さんも気を利かしてくれて、運賃だけで、その日貸し切りとなりました。母は5年で余りに変わっていました。電話での声も張りがあったのですが、老化はどんどん進んでいたようです。結構、若く見える母だったのですが。

休みでしたが担当医も幸い居られて、丁寧に説明してくれました。丁度言語野のあたりで、つまり起こし、運動野も犯す様子であったが、幸い1日で改善が見られるということでした。もう母と、意思の疎通は出来ないようでした。殆ど喋れなくなっています。血栓を溶解させる薬の副作用で、出血の可能性もあるということで、最悪を覚悟しましたが、命はとり止め、最近はリハビリ病棟に移ったとのことです。兄嫁が状態を知らせてくれますが、認知状態がどうなのか分からず、私も動ける内に行こうと思っています。医者は、予想より快復したということですが、分かりません。あの歳でニューロンの繋ぎなおしが起こるのでしょうか。どうも何をするのも面倒くさいのか、リハビリにも中々応じないという事でした。これは分かります。兎に角、致命傷を食らうと何をするのも面倒くさい。血液が凝固しやすいというのは、母方の血脈のようです。私もトリグリの値がすごく、心筋梗塞起こすかなと思っていたら案の定でした。

これからが大変です。特に兄嫁には世話にならなければなりません。

そんなこともあり、ここしばらく、蒸気の3Dモデル化をしています。この時代に決して、一般的に興味のあるものではないし、それも町工場の小型蒸気しか私は興味がありません。何の役にも立たないかも知れません。でも、このような町工場の気概が今の日本の工学の礎を作ったと思います。雨宮、菊池、深川と、出来る範囲で、モデル化しています。御賛同を賜れば、動力化や成形して、お手許にと思いますが、今のリソースでは難しいかもしれませんね。しかし、1日中PCの前に座っているのも、精神によくないですね。


拍手[7回]

【2017/05/30 23:09 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>