忍者ブログ
  • 2018.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.06
第13回 軽便祭情報-1

暫し,心臓&膠原病の調子が悪く,寝たきりの生活が10日程度続きました.どうも心臓の調子が悪くなると,我慢できない痛みではないのですが,節々にも嫌な痛みが走り,歩行訓練も,休止しています.幾分,今は調子がいいので,軽便祭のことを書かせて頂きます.今年も,ナローガレージ様のお世話にて,少量出品させて頂きます.現在準備中のラインナップです.体の調子のこともありますので,あくまで予定です.何か変更があれば,Web等でお知らせします.

(1) HO-6.5汎用簡易シャシ WB=1012mm織り交ぜ,13~4セット程度

(2) FBでも走行を紹介しました,マイクロシャシ・キット(HO-6.5Nn3用)ワンオフで5セット程度出品.4mmφ×8mmの高級コアレスシリンダモータは非常に高回転,強力で,少しのウェイトだけで,走ります.アクリル樹脂3Dプリンタ出力にマイクロモーターと金属車輪,集電ブラシが付きます.材料費,成形費が嵩みましたので,(1)の簡易シャシの倍程度になりますが,小型内燃等の動力化にお使いいただけます.

(3) 高田機工 特装機関車 3ピース成形 M1.4タップを軽く立てて頂くだけで,極めてユニークな機関車が1/87で実現いたします.

(4) 展示 ニチユ2トンバテロコ 精密Ver. アクリル樹脂原型,チタン原型,ロストワックス原型

E板の制作は,昨年を以て,全て終了していますので,残念ですが,これくらいでしょうか.3Dの精密出力をお目にかけたいのですが,完成の展示はナローガレージ様にも御負担でしょうから,別途御相談したいと思います.3D分館にありますように,モデル化も終わっているものがあるのですが,特に蒸気は,シャシが中々作れませんので,成形にも出していません.Bagnallの超小型機関車や,楠木ドコービルイミテーションとかは何とか作りたいのですが,今後の健康状態次第だと思います. 

尚,上記のモデルも既に御予約を頂いているものもあり,申し訳御座居ませんが,もし,今回の制作分がなくなりましたら,別途,通知頂ければ,生産致しますので,どうか御安心下さい.唯,(1)は今まで頒布させて頂いたものですが,今後は作ることが困難でと思われます.当日,お買い逃がしの無いようにお願い申し上げます.モーターの軸長も,前のロットでは,若干長く,御迷惑をおかけしましたが,今回は適長になっております.回転もスムーズなように思われます.定格3V~5V程度は同じですが,0.5V以下で軽く始動致します.実はこのモーターも数が少なくなっているように思われます.勝手な感想なのですが.

 

体の調子が少し戻れば,明日からでも袋詰めを始めます.

拍手[5回]

PR
【2017/09/17 01:19 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
バテロコのロスト化

J-Alertが鳴って非常に物騒な世の中です.「専守防衛」は誠,聞こえはソフトなのですが,矢張り金が要る上に,技術的にも困難が付きまといます.しかし,決して豊かではない国が花火のように,ポンポンと.Super-Kといっても,限度があるでしょう.陰謀厨の私としては,恐らくどこかの国が無償で供給している感じもしますが,北を使って,何かから目をそらさせたいか,日本に高額兵器売りたいか,と猜疑心が深まるばかりです.

唯でさえ,京都は暑さで鬱陶しく,健康にこたえます.明日から少し一段落のようで,暑さに関しては,一息付けるのでしょうか.

前々回も触れましたが,バテロコはその小ささから是非にモデル化したく,あまりに軽いので,ロスト化に挑んできました.結果はなかなか芳しくありませんでしたが,先般,キャスト屋さんが,やっと仕上げてくれました.量産に耐える出来だったので,照会したのですが,ゴム型が破損して,ようやく取ったのがこの前の写真の1台ということでした.どうしてもロスト化したいので,試作で,相当の資金をつぎ込んでしまいました.粉体チタン成形もそれなりですが,やはり表面がざらつきすぎ,ロストの代わりにはなりえません.キャスト屋さんに相当無理をして頂いたので,これ以上はもう1回同じことをとは言えず,代替案を検討し,ようやくキャスト屋さんの,これなら進められそうという見解を頂いたところです.既に紹介させて頂いたように,このバテロコに使えるマイクロシャシは開発済みです.G=6.5mmWB=7mm程度の小さなものです. 

要は今までのロストと殆ど部品割を同じとすること,積層跡へのゴム型の食いつきが異常なので,プライマやサーフェーサで出来るだけ平滑な面を出して,アクリル原型を作成することに落ち着きました.特に後者がもし金属並みに,原型を分離することが出来れば,この前のBLOGのような半完成品を提供することが可能になってくるかも知れません.これがもし出来れば蒸気開発に一挙に弾みが付きます. 

とはいえ,今は資金を使い果たしてしまい,先ず3D成形に出すことすら叶いません.基礎開発は何でも苦しいです.10ピースモデルだけでも御覧下さい.予約は早めに頂くと嬉しいです.シャシがワンオフですので,決まった数しか作れませんし,バテロコもHO-6.5mmですので,数は作らない方針です.上記の通り,資金も十分ではないですし.


拍手[3回]

【2017/08/30 22:44 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
高田機工特装内燃機関車ロールアウト

一度、少し朝晩涼しくなったと思ったら、今日は又、ムシムシとストレスの溜まる夜です。先般御紹介した高田機工の特装が仕上がりました。シャシは弊工房のG=9WB=1012が良いと思いますが、万能のお手軽Kato PortramWBがほぼ一致することから、これを使うことに決めました。ボンネット内が余り広くなく、モーター横置きシャシは無理のようです。又。近日中に走行簡易動画をUpの予定です。 

主台枠が若干艶消し状態になっており。シルバリングを心配しましたが、非常に綺麗に仕上げてくれました。どう実物を見てもmanufacturers identificationは、筆塗りされていたようで、これに従いました。デカル仕様にしてあります。多分、3Dでしかなかなか実現できない機関車が初めて綺麗に再現できたと自負しています。細部のパターンにも徹底的にこだわりました。 

色は分かりません。明度があまり高くない感じで、緑は嫌だし、青の軍機色も今一で、あずき色にしてみました。 

軽便祭でアクリル樹脂モデルは極少数発売の予定です。前回御紹介したバテロコはロスト化に関し、超高難度ですが、これは3ピース構造で、ライトを別にすれば、案外ゴム型も取れそうなので、少なくとも10個以上の御予約がもしあれば、ロスト化に向けて頑張ります。(先ず、キャスト屋さんと交渉からですが)価額はどの道、少数しか作りませんが、3万を超えることはないとくらいしか分かりません。御要望があれば、是非メールで御連絡をお願いします。10個を超えれば、ロスト化の努力を始めます。今までのメーカーさんで作られた超小型高級内燃ロストの価額を考慮しても、無茶苦茶高価ではないとおもいます。唯、数が少なければ、アクリル樹脂のみとします。最近は取りあえず、自分の作ったものを残しておくということに目的を変えつつあるので、出来るだけ手抜きもせず、少し枯渇寸前の資金をかけてでも遺作に1台でも作っておくということでもいいのではないかと思い出しています。確実に売れそうな人気機体には、全て興味を引かれないし、増してコストで省略は止めようと思っています。些か傲慢ですが、どんどん気力も無くなって、作れなくなっているので、取りあえず、自分の残したいものを先ずと思い出しました。御賛同頂ければ、嬉しい話です。

整備重量5トンと思われ、非常に小さな機関車です。乗工社の加藤5トンと並べても面白いかも知れません。尚、これは専ら、ショー用に作られた機関車なのですが、このデザインを基本に実用機関車も作られました。フォードBエンジンもモデル化してあるので、それを作って並べるのも悪くないかと思っています。


拍手[5回]

【2017/08/17 23:56 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
3Dのロスト化

またまた心臓循環内科の医者がどこかに転勤らしいです。もう何人変わったのか分かりません。最近では、細かい病状まで言う気もなく、安定しているようですで済ませて、さっさと薬を貰っています。ここの部長に一時見てもらっていましたが、余りよくないですね。それで人がでいつかないのかどうか分かりませんが、手術まで任せられる医者が居なくなってしまいました。 

D精密出力のロスト化が無理だろうと思っていたのですが、遂にキャスト屋さんがやってくれました。もの凄く苦労されて、こんな価額ではもう絶対しないと、御冠ですが、確かにその通りだと思いました。限界まで薄くて精密なロストキャストが出来ています。既にバテロコ2トンは佳作キットがあり、数台コレクションに作りましたが、唯一の不満は、軸受の立体感がE板の1枚表現では一寸物足りないなと思ったことでした。中身のバッテリも作り込みましたが、表現されており、今まで以上の精密でかつ、実際はほぼ組みあがったものが出来るはずです。前BLOGの通り、シャシの開発にも成功しております。

問題は、後価額のみです。現在ではこれは売れたものではありません。物凄く高くなると想像します。多分、ゴム型そのものも、量産に耐えるものは出来ていないと想像します。出来るだけ円満に話し合い、皆様に買って頂けるものを、供給したいと考えております。これで、精密蒸気も少し見えてきました。自分でうのも何ですが、一体物として驚異的です。 

マイクロシャシType-2も再設計中です。軽便祭に間に合えばいいのですが。これは、販売店様と御相談となります。写真は元々の塗装済アクリル樹脂原型(ゴム型制作時に、破壊したらしいです)と今回の試作例。バッテリーケースが10mmの恐ろしく小さいものです。


拍手[6回]

【2017/08/06 02:02 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
高田機工のモダン内燃機関車5トン

この暑さは本当にこたえますね。朝暑くなる前に歩行訓練を行って、後はクーラーの部屋に籠りっきりです。3Dのモデリングも色々進めたいのですが、前の庵原のデータが行方不明になって、ギヤトレンの設計が困難なこと、ロスト化についで、未だ目途が得られないこと等で、実質、作業は停止しています。マイクロシャシType-2に関しては、車高7mmのフラットシャシは見事に今回も失敗しました。実質4mmの幅があれば入る設計となっています。幅はゲージは6.5mmですが、一般の台車のようにアウトサイドになっているので、余り細い機関車は無理なのかもしれません。モータの寸法を間違えていたので再設計をしなければなりません。M0.1相当の驚くべき成形のウォーム/ギヤも寸法にシビア過ぎて無理なようです。

成功は、高田機工のキャデラックを思わせるような内燃機関車の成形成功でした。このモダンな機関車もショー用に専ら制作されたらしく、実際には現場に出なかったように聞いております。唯、設計の概念は以降の高田機工の内燃にもいかされたようです。モデルも結構うまくできたと思っていたのですが、3ピースで、モデル通り精密に綺麗に成形してくれました。主台枠の陽刻はペイントであったようで、デカルにする予定です。結構表面がざらついているので、シルバリングに注意しなければなりません。複雑な曲面は表現されており、E板では、さすがにこれは無理そうです。表面処理と塗装は、少し気候がよくなってから行おうと思っています。ボンネットやラジエタの複雑なパターンも御堪能いただけると思います。 

シャシは安定した走りのPowerMAXは無理なようで、お助け、KatoPortramか、弊工房のモータ縦置きG=9WB=12となります。

金属にするには、未だ技術も確立されていないので、それの目途が立ってからになりますが、相当高価になりそうです。万が一、多くの反響を頂戴すれば考えてみます。当面、最も精密に表現できるアクリル樹脂でしょうか。又、皆さまの意向を伺えれば幸甚です。


拍手[3回]

【2017/07/30 23:54 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>