忍者ブログ
  • 2019.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/12/14 06:51 】 |
手間暇のかかるロストワックスキット

最近はめっきり鉄道で少なくなったロスト.天邪鬼の私はさる国製の可塑剤過多のプラのハコモノばかりは絶対嫌なので,人生の最後のあがきで,今回端緒のロストワックスキットを極少数作りました.最近,目立って衰えていくばかりで,よくある男性の孤立化が進んで,一寸鬱かなと感じるので中々自分を動かすのが億劫で,超スローペースですが,何とか物にしましたので,頒布に踏み切りました.可成り高価ですが,それなりの理由があります.要は,3Dの光硬化レジンでは,型を2買い取りなおさなければならないのです.御承知の通り,ロストワックスというくらいですから,最終の方は温度で溶けてしまう蝋です.シリコンのような割も必要ありません.複雑な形状にも適します.実は3Dの素材で,これを一気に作っていまうFirecast??とか言ったアメリカ製のものがあったと思いますが,国内でこれを使って,精密成型をしてくれるところはないようです.積層痕も基本的にサフェーサ処理していますが,従来指定出来ませんでした.陽刻がXY平面になるように積層すれば,そこそこのレジン型が出来るのですが,これは最近,造形料割り増しで出来るようになったということです.従って今回のような陽刻での荒れは殆ど生じないと思っていますが,今回は変な方向に成形されたので,陽刻が潰れてしまいました.サフェーサでさらに鈍ってしまいました.

このレジンが曲者なのです.実はロストワックスは精密な鋳造を目指していますので,高圧縮のゴム型を先ず基礎型に作るこれを,ワックスに置き換えます.そうでないと1パーツ,1ワックス型で非常に高価になってしまうからです.ところが,圧縮が強すぎて,先ず,中でレジンの原型が破砕してしまう上に,ゴム型にへばりついてしまいます.そこで元の原型がそこそこの方さのある金属であることが要請されるのですが,色々やってみましたが,粉体金属では細かな部分の再現が不可能で,一番精密造形が可能なものが結局レジンになってしまうところが,超小型の模型には使えないところです.そこで,今回の作品では,一回普通の耐火ゴム型を作り,一回金属で置き換えて,高圧縮ゴム型を作ることにしました.唯,それをしてもゴム型からレジンが離れず,小生の方も,ゴム系プライマ塗布,サフェーサの追加塗布をしましたが,結局,ベテランキャストさんを以てしても,半年以上かかってしまいました.

よくよく見ると,バテロコの方は正に奇跡の作品-私ではなく,キャスト屋さんの努力のお陰です.-ともいえるキャストに仕上がりました.肉厚も極限まで薄くなっていますし,多分,これだけの3Dロストは中々現れないと思いますので,この機会にぜひ.仁鮒も頑張りましたが,元の3D積層方向が良くなかったので,キャスト屋さんは100としても,元が元ですので,まあ70点くらいでしょうか.結論ですが,簡単なパーツロストは3Dも使えますが,矢張り精密かつ,複雑形状ロストは,金属が一番いいという結論でした.基礎の作業を殆どしないさる国では工業製品にも3Dがもてはやされていますが,矢張りという気がします.まあ,レジンの極小飛行機ラジエータキャップが御愛嬌というところでしょう.案外,思い切り小さい方が3Dの1点モノに適しているのかもしれません.

櫻の季節あっという間.今年は心身の調子も悪く,目出ることも出来ませんでしたが,何とか葉桜ながら,写真に収めてきました.もうすぐ平成も最後ですね.恐れながら,陛下も心臓バイパスをされ御譲位の運びとなりましたが,様々な疾病に苦しまれ,正に激務をこなされたことは超人的であったと思います.

拍手[5回]

PR
【2019/04/16 01:35 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | そろそろの新作品>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>