忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
可愛い小品

先週金曜日に病院に行って参りました。心臓医の方はカテーテルしか話さず、まあカテーテル技師と話しているのだと思っています。心電図異常なしでした。整形外科の女性の先生はよく話しを聞いてくれるので、色々痛みのことを話しました。矢張り示されたRFCPP抗体の数値が異常でしたので。でもそれに惑わされてはいけないということでした。薬も消炎剤の副作用があれば直ぐに止めて下さいということ。寧ろ五〇肩の症状に近いと言われました。唯、運動機能上は腕が耳に付くので、五〇肩ではなく、鍵盤の炎症がきついようで、上手くつきあっていくことも考慮して下さいということでした。寧ろ精神的に参っているようなので、神経内科に行かれた方がということでしたが、既に心筋梗塞を起こしたときに、薬は貰っているので、病院内での紹介は受けませんでした。

 

今週は仕方ないので、又神経ブロックに行きました。滅茶苦茶注射が痛かった割に効き目が長続きしません。これも屡々使える手ではないと言うことでしょう。そこの先生にも精神安定剤でも飲むかと言われました。セロトニンの分泌を促すクスリが良いというと阿呆と言われました。3連休で凄く込んでいましたので、無駄話もそこそこに。

 

模型は時々見るのも嫌になりますが、少し調子の良いときは直ぐに手を出してしまいます。設計も簡単なことから、前からちょこちょこと作っていたもので、馬路のフォードエンジン簡易機関車です。おそらく現場ででっち上げられたものでしょう。ARUモデル様に形は馬路とは少し違うのですが、使えそうなキャストがありましたので、それを採用しました。シャシは御約束のKatoPortramからです。これくらいウェイトがかかってくれるとゆっくりと動くし、小さな錘の慣性も出ます。走り抜群です。こんなものはPotramの芸術的フラットパワーユニットが無ければ出来ませんでしたが、えらい時代になりました。後、変形機関車のE2両が出来ているので、3両から2両を選べるセットを考えていますが、そこまでこの体と精神状態で行き着けるか分かりません。又報告します。

 

さて、長らくお待たせしましたが、木曽谷・音水のコッペル内燃のキャストが送られてきました。Planetさんも色々と諸件で作業がおぼつかないとのこと。今、土工酒井のキャストが送られてきて、抜きの見積もりを取ったら、阿呆かと思う高価さ。これでは頒布できません。ホワイトメタルも視野に入れなければならないのかも知れません。これも当面Holdになりそうです。

 

拍手[69回]

PR
【2014/10/16 23:55 】 | 模型 | 有り難いご意見(0)
<<久しぶりの作品 | ホーム | 森の機関車−III>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>